2008年10月02日

道糸はナイロンが良い

釣りの行く前に当然準備をするけど、道糸の準備、みんなどうしているだろうか?

僕は、フカセ釣りがメインなので、必ず、道糸は一回一回交換して使うようにしている。

もちろん連続で釣行する場合など、そのまま使用することもあるが、ナンと言っても劣化によるラインブレイク、これほど怖いものは無い。

フカセ釣りで使用する道糸は、ナイロンが最も使いやすい。PEラインも試した事があるが、やはりナイロンラインに分がある。

もちろんPEラインにはPEのよさがある。例えば、中通しのロッドを使用して遠投をして釣る場合、それに本流釣りなどで遠距離を流して釣るような場合、伸びの少ないPEラインは仕掛けの入っているレンジの潮の状況を解りやすく伝えてくれるような場合もある。

しかし、このようなパターンは稀である。全体的にみて、はやりナイロンラインが使いやすい。

ただ、ナイロンの欠点は吸水性がよく、しなやかになる事に反比例して劣化が進む。早い話、一回使うと、ものすごく弱くなるのだ。

伸びがあって、魚をかけた後にその弾力で魚を弱らせる事は出来るが、強烈に強い引きが掛かった後など、復元できないでそのまま使用する事になる。

その日の釣りくらいなら、問題ないと思うが、持ち帰って、潮抜きして、陰干しにすると、スプールに巻き込んだ状態で乾燥するわけだが、この過程でものすごく弱くなっている。

一回一回道糸を交換するのは、経費的に高くつくが、1500円を惜しんで手痛いバラシをするよりマシを考えて、もう随分昔から、このクセをつけているようにしている。
posted by 釣具屋 at 16:17| 道糸の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。